知的障がい・発達障がい・ダウン症・
てんかんのある方のために
生まれた総合保険です

ぜんちのあんしん保険って何?

障がいのある方とご家族が抱えている不安を少しでも安心に変える手助けがしたい。
そんな気持ちで作ったのが「ぜんちのあんしん保険」です。

障がいによっては
保険に加入できない

病気やケガのリスクが
高くなってきた

付き添いの負担が
大きい

障がいのある方専門の
保険会社としてのこだわり

  • 障がいのある方特有の
    リスクとニーズに対応

    障がい者向け専門保険会社として、障がいのある方特有のパニック事故、トラブルに巻き込まれたときの弁護士費用を補償!
    さらに、ご病気での入院、おケガでの入通院も、障がい特性に寄り添いながら保障させていただきます。

  • お客様への親身で誠実な
    サポート

    障がいのある方のご家族や、施設の方、ご本人からのご連絡に対して、親身で丁寧な対応を心掛けています。個人賠償責任補償(国内)該当の事故では、東京海上日動の担当者がお相手の方と示談交渉を行うサービスが付いています。

  • リーズナブルな保険料

    新A-1プランなら保険料が年間18,500円。また、年齢・性別に関わらず一定した保険料で充実した保障を受けることが可能です。

保険の申込み

コラム

  • 自閉症の赤ちゃんとそうではない赤ちゃんの違い

    私はファミリーサポートの援助会員として幼い子を預かっています。定型発達のお子さんを0歳の頃から預かり、既に2歳になりました。自閉症の息子が赤ちゃんだった頃との違いを感じています。 第1子が定型発達児だ …

  • 発達障害 気分が落ちているときにやってはいけないこと3つ

    発達障害傾向のある方は、その生きづらさから、うつ病や双極性障害など二次障害を引き起こす可能性があります。今まで取材してきた発達障害当事者の実に9割が何らかの二次障害を引き起こしていました。 かく言う私 …

  • 東京パラリンピックと知的障がい者スポーツ

    ■知的障がい者スポーツを取り巻く現状   私が運営する「一般社団法人全日本知的障がい者スポーツ協会(ANISA)」は、日本における知的障がい者スポーツ団体(12団体:JPC加盟団体) を統括 …

  • 療育はほどほどに、普通児に近づけることが療育ではない

    ■療育の意味 早期発見→早期療育。子どもに発達障害があると分かると、療育を受けさせる親御さんも多いですね。でも、療育とは“健常児に近づけること”ではなく、子どもが日常生活を送りやすくするための方法を自 …

  • 出生前診断ではわからない障害

    新型出生前診断。母体の負担もなく簡単に出来る検査が広がりつつあります。陽性の場合、診断確定のため羊水検査に進み、結果により「産む、産まない」の重い決断を迫られ、9割以上が中絶している現実があります。 …

  • 発達に遅れがある子、小学校はどこに行けばよい?

    ©今井久恵 我が子に発達に凹凸や知的な遅れがある程度ある場合、「通常級に行って定型発達児から刺激を受けた方が伸びるのではないか」「特別支援教育を受けられる支援学級や支援学校に行った方が個別に対応しても …

お客様の喜びの声、感謝の声

とても助かりました。今までどこの生命保険も加入できなかったので嬉しいし心強いです。

書類の記入方法を問い合わせしたところ、とても親切で優しい方に対応頂き、ぜんちに加入して良かったなと思いました。

就学時には保険加入が必須なため、この保険があってとても嬉しく、心強く思っております。

家族や自身に何かあった時に備えて入った保険でしたが、入院・手術する事になり、入っておいて良かったとつくづく感じました。

入院時は、通常の生活費に加え、付添いの費用も多大にかかる中、保険金の支払いが早くて助かりました。保険に加入している安心感で付添いの私も穏やかに過ごせました

定額での入院保障の他、更にケガの通院保障まであり驚きました。

迅速な処理に感動しました。
一般の保険には入れないこの子達の為に今後とも宜しくお願い申し上げます。

まさか私達が・・・と思った権利擁護費用保険が役に立つなんて。良い弁護士さんをご紹介して頂きましてありがとうございました。