ぜんち共済について

すべての出逢いを尊び心を尽くし
誰にも優しい社会を創造します

ともに助け、
ともに生きる。

障がいがあっても「地域で」「社会で」普通に暮らす。万が一の備えが不十分だと、地域社会で安心して暮らせていけません。障がいのあるご本人様はもとより、ご家族の皆様も日々不安でいっぱいかと思います。
しかし、事故は時と場所を選ばず容赦なく襲ってきます。

トラブルの際、ご家族の皆様だけで困難を抱えるのではなく、つながり、よりそう保険でありたい。わずかでもご家族の皆様・福祉関係者の肩の荷がおりる、そんな保険でありたいと願っています。
ぜんち共済は「社会に必要とされる真の保険会社」を目指すとともに、誰にとっても幸せな「共生社会」の実現に向け、皆様の「安心した生活」を支える一助になることを役職員一同目指しています。

代表取締役社長
榎本 重秋

ご契約者5万人 信頼されて20年

ぜんち共済は長年にわたり、障がいのある方のご家族・支援者様へ保険サービスを提供してまいりました。これからも、皆様にご満足いただくサービスを提供し続けると共に、より多くの障がいを抱える方々をサポートして参ります。

保有契約者数 遷移

障がいのある方によりそった、
保険金のお支払い

社是「ともに助け、ともに生きる」を合言葉に、障がいのある方へのご病気・おケガの際の入院保障、他人の物の破損や他害行為に対する個人賠償責任補償、トラブルに巻き込まれた際の権利擁護費用補償をいたします。

お客様の声

自分の言葉で説明できない子どもがこの先どんな思いもよらないトラブルに巻き込まれるかわからないので、このような保険はとても心強いです。

障がいのある方の権利擁護に
詳しい弁護士

ぜんち共済は、障がいのある方々の権利擁護に詳しい弁護士5名を顧問に迎え、お客様の権利擁護のため、万全の態勢を図ります。

顧問弁護士

販売商品

ぜんちのあんしん保険

ぜんちのあんしん保険

ぜんちのこども傷害保険

ぜんちのこども傷害保険

手をつなぐがん保険