小野正恵 さんの記事一覧

執筆者プロフィール

小野正恵 (おの まさえ)

医師。
東京逓信病院で39年間小児科診療を行ってきた中で、ダウン症のお子さんの診療に力を入れることとなった。ダウン外来を開き、早期療育のひとつである「ダウン症児の赤ちゃん体操」を導入し好評を得ていたが、思春期、さらには成人以降を含めた人生を一貫してサポートする医療体制が乏しいことを実感した。
総合病院の強みを活かし、全科の協力を得ることとして、2018年10月に「東京ダウンセンター」を院内に発足させた。現在ではダウン症の方は0歳から60歳代まで1,000人以上が通院されている。2021年3月の定年退職後も非常勤としてダウン症の方に特化した診療を続け、各種学会において包括的診療・支援の必要性を発信している。

【資格】
小児科専門医、小児科臨床研修指導医、臨床遺伝専門医・指導医

【賞罰】
平成23年度 厚生労働大臣表彰

【論文】(2020年度 ダウン関連 日本語のみ)
1. 小児神経疾患の知識・看護 ダウン症候群(21トリソミー)(解説/特集)
小野 正恵、 こどもと家族のケア 15巻5号 Page20-25(2020.12)
2. 【ダウン症児の育ちと生活】ダウン症のある子ども(解説/特集)
小野 正恵 チャイルド ヘルス (1344-3151)23巻7号 Page478-481(2020.07)
3. クリニカルガイド小児科 専門医の診断・治療 南山堂 編集 水口雅、山形崇倫
分担執筆 小野正恵 ダウン症候群 p.360―366 2021.3 ISBN978-4-525-28861-7

  • ダウン症の概要、小児期の問題

    【はじめに】 今、この原稿を書いている時点では都内の新型コロナ新患数は2週間ほど連続30人以下となり、およそ3か月前には5000人程度であったことを考えると激減ぶりに驚かされます。読んで下さっている皆 …