代表者挨拶

ともに助け、ともに生きる

榎本 重秋

知的障がいや発達障がいのある方に対する保障制度ができたのは実は最近のことです。 私がある保険会社で障がいのある方の保険の担当をしていたときに、一人のお母様から涙ながらにこんな言葉をいただいたことがあります。

「いつも苦しい時に助けていただき、本当にありがとうございます。」

この時、知的障がいや発達障がいのある方に向けた専門の保険会社を創ろうと心に誓いました。

知的障がい・発達障がいのある方、ダウン症の方、てんかんのある方に特化した日本で唯一の専門保険会社です

当社は、障がいのある方のための会社ですから、専門性を持って事業に取り組めることが強みです。 「ぜんちのあんしん保険」をもっと普及させ、ご本人・親御さん・福祉関係者の皆さまが必要としている保障を加え、更に良い保険にすることに集中していきます。

ほんの少しでも親御さん・福祉関係者の肩の荷がおりる保険でありたい

親御さんは日々不安でいっぱいかと思います。 日々の生活だけでも精一杯の中で、病気や何らかのトラブルに遭ったりしてもご家族だけで抱えるのではなく、「安心した生活」を支える一助になることを目指しています。 ほんの少しでもいいので肩の荷をおろしていただきたい。そのためのサポーターになりたいと思っています。

まさに障がいのある方に役立つ保険を追求し続け、未来永劫存続していくために鋭意努めてまいります。
よろしくご支援賜りますようお願い申し上げます。

ぜんち共済株式会社  代表取締役社長 榎本 重秋

ページトップに移動