ご契約申込みについての質問(ぜんちのあんしん保険)


障がい者の家族は保険に加入できますか?
知的・発達障がい(自閉症、アスペルガー症候群等)やダウン症、てんかんのある方のご家族やご親族であればご加入できます。同居の有無も問いません。なお、別居で姓が違っていてもご加入できます。
福祉団体や施設の関係者も保険に加入できますか?また家族はどうですか?
福祉団体や知的障がい施設等にお勤めの職員様と職員様のご家族、ご親族もご加入できます。職員様のご加入については、施設側で福利厚生の一環としてご利用される場合もございます。当社の保険は障がい者ご本人様だけではなく、関係施設に勤務する役職員様や、当社が認めた企業・団体に勤務する役職員様も引受けの対象としております。
契約申込書を郵送しましたが保険証券はいつ頃届きますか?
保険料のご入金を確認後、保険証券をお送りします。2年目以降については、ご入金を確認後、契約更新証をお送りします。
手帳交付を受けていませんが保険に加入できますか?
知的障がいがあると認められた方であれば、手帳交付の有無にかかわらずご加入できます。なお、ご加入に際して診断書や手帳のコピー等のご提出は必要ございません。
施設や組織に所属していませんが保険に加入できますか?
施設や組織に所属されていなくても個人でご加入できます。また、施設や組織を通じてご加入されている方が、そこをお辞めになっても契約はご継続いただけます。
知的障がいや発達障がいのない人は保険に加入できませんか?
ぜんちのあんしん保険は「知的・発達障がい(自閉症、アスペルガー症候群等)やダウン症、てんかんのある方」のために作った保険でございますので、身体障がい、精神障がいのみの方はご加入できません。
重複障がいがありますが保険に加入できますか?
知的障がい・発達障がい(自閉症、アスペルガー症候群等)やダウン症、てんかんがある方であれば、他の障がいとの重複があってもご加入できます。ただし、重度の知的障がいと重度の肢体不自由の重複障がい(重症心身障がい)、具体的には重度の知的障がいで自立歩行ができないほどの肢体不自由の場合には、恐れ入りますがA-1プランにてお引受けさせていただきます。これは医療機関と併設された重症心身障がい児(者)施設をご利用される方が多いのですが、施設内の医療機関で入院に準じた治療を受けても、当社としては保険金支払いの対象となる医療機関への入院とみなすことができません。また、支払対象とならない加入前からの疾病をお持ちの方も多いので、保険料の負担の少ないA-1プランにてお引受けしております。
現在薬を飲んでいますが保険に加入できますか?
既往症があってお薬を服用されていてもご加入できます。ただし、ご加入後に発症した病気やケガが保障の対象となりますので、現在お薬を飲んで治療している病気は保障の対象外となることをご了承ください。(知的障がい、てんかん、ダウン症候群などの入院は前記事由にかかわらず支払対象となります。)
他社の保険に加入していますが、「ぜんちのあんしん保険」に加入しても問題ありませんか?
問題ございません。ただし、賠償責任保険に関しましては、実際の損害額を超えて複数の保険会社から保険金が支払われることはございませんのでご注意ください。
権利擁護費用補償で被害事故とは具体的にどういうものですか?
被害事故とは、「虐待・わいせつ行為」「身体の傷害、疾病」「財物の破損」「消費者被害」「身体拘束(逮捕または拘留されたこと)」で、身体拘束の場合は加害事故でも接見費用のみ対象となります。
成年後見人を死亡保険金の受取人に指定できますか?
ご親族以外の第三者の方を指定される場合、第三者受取の可否は当社で判断いたしますので、当社指定の理由書をご提出いただきます。また、被保険者が知的障がいのある方の場合は、A-1またはA-2プランでのご加入をお願いいたします。
なぜセーフティーネットに加入していないのですか?
保険契約者保護機構(セーフティーネット)は、万一保険会社が破綻した場合でも保険ご契約者様等の保護を図ることを目的に、生・損保別に設立されましたが、少額短期保険業はこの制度の対象外となっております。ただし、少額短期保険業については、法令等により、供託金、最低資本金等の規制措置が講じられていることで、ご契約者様の保護を図っています。
ページトップに移動